ジェネラリストのための 内科診断リファレンス 第2版**医学書院/酒見 英太/978-4-260-05237-5/9784260052375**

販売価格
11,000円(税込み)
編著
酒見 英太
出版社
医学書院
分野
 
内科系 一般

数量

電子版発売中です。(外部サイトへ移動します)

医書JP 電子版ページへ
医書JPご利用初めての方は、こちら >>>
特集
新刊
書籍版 販売期間
2024/04/05~
JANコード
9784260052375
商品コード
9784260052375
発行 2024年4月
判型:B5判 1,200頁
ISBN 978-4-260-05237-5

監修:酒見 英太
 著:上田 剛士

エビデンスを根拠に、病歴、身体所見から検査まで、診断学の流れを網羅したテキスト。

10年の歳月をかけ、何と3万本以上もの論文に目を通し徹底的な文献吟味を経て、遂に完成したまさに待望の改訂版。今版では、外部リンク(QRコード/ハイパーリンク)を採用し論文などに掲載されている教育的な画像や動画にアクセスできるようになった。また指定難病の診断基準・調査票へのリンクも掲載。若手医師、総合診療医のみならず、全ての内科医にとって臨床の現場で必ずや役立つ一冊。医学生にもおすすめ。

【目 次】
A.主要症候・内科一般
 1.体重減少
 2.浮腫
 3.リンパ節腫脹
 4.動悸
 5.めまい総論
 6.頭位めまい症
 7.急性前庭症候群
 8.失神
 9.ショック
 10.意識障害
 11.発熱
 12.薬剤熱
 13.悪性症候群・セロトニン症候群
 14.寝汗
 15.脱水・出血
 16.心停止
 17.短期的な生命予後予測
 18.原発不明癌
 19.アルコール使用障害
 
B.消化管
 1.急性腹症
 2.嘔気・嘔吐
 3.胃もたれ・心窩部痛
 4.胃食道逆流症(GERD)
 5.特発性食道破裂
 6.上部消化管出血
 7.消化性潰瘍
 8.ヘリコバクター・ピロリ菌感染症
 9.消化管穿孔
 10.アニサキス症
 11.食道癌・胃癌
 12.急性下痢症
 13.クロストリディオイデス・ディフィシル感染症
 14.慢性下痢症
 15.便秘症
 16.過敏性腸症候群
 17.下血
 18.炎症性腸疾患
 19.大腸癌
 20.虫垂炎
 21.大腸憩室炎
 22.腸閉塞総論
 23.腸閉塞・イレウスの原因
 24.外ヘルニア
 25.虚血性大腸炎・急性腸間膜虚血
 26.腸管気腫症・門脈内ガス
 
C.肝・胆・膵・脾
 1.肝疾患の診察
 2.“肝障害”の判読
 3.ウイルス性肝炎
 4.アルコール性肝障害
 5.非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)
 6.薬剤性肝障害
 7.自己免疫性肝炎
 8.原発性胆汁性胆管炎(PBC)・原発性硬化性胆管炎(PSC)
 9.その他の肝障害
 10.肝細胞癌
 11.肝膿瘍
 12.胆石症・胆道感染症
 13.胆?ポリープ・胆?癌
 14.腹水総論
 15.特発性細菌性腹膜炎(SBP)
 16.結核性腹膜炎・癌性腹膜炎
 17.脾腫
 18.急性膵炎
 19.慢性膵炎
 20.膵癌・膵?胞性疾患
 
D.循環器
 1.頸静脈の観察
 2.心雑音
 3.慢性冠動脈疾患(労作性狭心症)
 4.冠攣縮性狭心症
 5.急性冠症候群
 6.心?液貯留
 7.心外膜炎
 8.心タンポナーデ・収縮性心膜炎
 9.急性心筋炎
 10.心不全
 11.心筋症
 12.たこつぼ心筋症
 13.Brugada症候群・早期再分極症候群
 14.感染性心内膜炎
 15.大動脈解離
 16.腹部大動脈瘤(AAA)
 17.静脈血栓塞栓症・深部静脈血栓症
 18.肺塞栓症
 19.末梢動脈疾患(PAD)
 20.二次性高血圧症
 21.腎血管性高血圧
 22.原発性アルドステロン症
 
E.内分泌・代謝・栄養
 1.低ナトリウム血症
 2.血清カリウム濃度異常
 3.高カルシウム血症・低カルシウム血症
 4.糖尿病
 5.低血糖症
 6.糖尿病性ケトアシドーシス(DKA)・高浸透圧性高血糖状態(HHS)
 7.甲状腺癌
 8.びまん性甲状腺腫(goiter)
 9.甲状腺機能低下症
 10.甲状腺中毒症
 11.亜急性甲状腺炎
 12.副腎偶発腫
 13.クッシング症候群
 14.褐色細胞腫・パラガングリオーマ
 15.副腎不全
 16.骨粗鬆症
 
F.腎・泌尿器
 1.血尿
 2.蛋白尿・ネフローゼ症候群
 3.急性腎障害(AKI)
 4.急性腎炎症候群・感染後糸球体腎炎
 5.急速進行性糸球体腎炎
 6.慢性腎臓病(CKD)
 7.酸塩基平衡異常
 8.尿路感染症
 9.急性前立腺炎
 10.尿路結石症
 11.腎梗塞
 12.腎?胞・腎腫瘤
 13.下部尿路症状・尿閉
 14.前立腺肥大症
 15.前立腺癌
 16.急性精巣痛
 
G.アレルギー・膠原病
 1.関節痛
 2.化膿性関節炎
 3.痛風
 4.ピロリン酸カルシウム結晶沈着症
 5.関節リウマチ
 6.脊椎関節炎
 7.リウマチ熱・連鎖球菌感染症後反応性関節炎
 8.抗核抗体(ANA)
 9.全身性エリテマトーデス(SLE)
 10.シェーグレン症候群
 11.抗リン脂質抗体症候群
 12.全身性強皮症
 13.特発性炎症性筋疾患(皮膚筋炎・多発性筋炎を含む)
 14.混合性結合組織病(MCTD)
 15.再発性多発軟骨炎
 16.成人スチル病
 17.リウマチ性多発筋痛症
 18.血管炎総論
 19.巨細胞性動脈炎
 20.高安動脈炎
 21.中~小血管炎
 22.ANCA関連血管炎
 23.サルコイドーシス
 24.ベーチェット病
 25.IgG4関連疾患
 26.自己炎症性疾患・家族性地中海熱
 
H.血液
 1.貧血総論
 2.貧血の鑑別
 3.小球性貧血・鉄欠乏性貧血
 4.大球性貧血・巨赤芽球性貧血
 5.白血球数の異常
 6.好酸球増加
 7.血小板数の異常
 8.汎血球減少
 9.血球貪食症候群
 10.血栓性微小血管障害症(TMA)
 11.血管内悪性リンパ腫
 12.形質細胞腫瘍・多発性骨髄腫
 
I.感染症
 1.菌血症
 2.伝染性単核症
 3.HIV感染症
 4.結核総論
 5.粟粒結核
 6.免疫抑制患者の感染症
 7.免疫抑制患者における肺疾患
 8.開発途上国からの帰国後発熱
 9.毒素性ショック症候群
 10.健常な成人においても問題となりやすい全身性ウイルス感染症
 11.ダニ媒介感染症
 
J.呼吸器
 1.呼吸困難・呼吸不全
 2.喀血
 3.慢性咳嗽
 4.ばち指
 5.インフルエンザ
 6.百日咳
 7.市中肺炎の診断
 8.市中肺炎の起因菌
 9.レジオネラ肺炎
 10.院内肺炎・人工呼吸器関連肺炎
 11.誤嚥・誤嚥性肺炎
 12.肺結核
 13.びまん性肺疾患
 14.間質性肺炎
 15.過敏性肺炎
 16.気管支喘息
 17.慢性閉塞性肺疾患(COPD)
 18.自然気胸
 19.特発性縦隔気腫
 20.胸水の存在診断
 21.胸水貯留の原因
 22.肺炎随伴性胸水・膿胸
 23.悪性腫瘍に伴う胸水
 24.結核性胸膜炎
 25.肺癌
 
K.神経
 1.頭痛
 2.認知症総論
 3.認知症評価
 4.認知症の主な原因疾患
 5.可逆かもしれない認知症
 6.急速進行性認知症,クロイツフェルト・ヤコブ病
 7.自己免疫性脳炎・橋本脳症
 8.Wernicke脳症
 9.パーキンソン症候群
 10.特発性正常圧水頭症
 11.慢性硬膜下血腫
 12.脳卒中
 13.くも膜下出血
 14.髄膜炎
 15.結核性髄膜炎・クリプトコッカス髄膜脳炎
 16.ヘルペス脳炎
 17.低酸素脳症の神経学的予後予測
 18.てんかん
 19.顔面神経麻痺
 20.末梢神経障害
 21.ギラン・バレー症候群(GBS)
 22.重症筋無力症
 
L.皮膚科
 1.結節性紅斑
 2.多形滲出性紅斑,スティーヴンス・ジョンソン症候群
 3.薬疹
 4.帯状疱疹
 5.壊死性筋膜炎
 
M.整形外科
 1.頸椎症
 2.肩痛
 3.手根管症候群
 4.腰痛症
 5.椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症
 6.椎体骨折
 7.悪性疾患による腰痛
 8.感染性脊椎炎・椎間板炎
 9.骨腫瘍
 10.糖尿病性足骨髄炎
 
N.眼科・耳鼻科
 1.眼の充血
 2.咽頭炎
 3.急性喉頭蓋炎
 4.副鼻腔炎
 5.アレルギー性鼻炎
 6.閉塞性睡眠時無呼吸症候群
 
O.産婦人科
 1.正常な妊娠
 2.産婦人科的急性腹症総論・異所性妊娠
 3.卵巣出血
 4.付属器捻転(卵巣捻転)
 5.骨盤内炎症性疾患(PID)